【IgA腎症・急速進行性糸球体腎炎・ネフローゼ症候群・多発性嚢胞腎】症例数が少なく、原因が不明で、治療法が確立されていない疾患で、長期間生活に支障を及ぼすものについて、研究班を設置し、原因の究明・治療法の確立に取り組む、厚生労働省の事業。



IgA腎症(IgA nephropathy)急速進行性糸球体腎炎(Rapidly progressive glomerulonephritis; RPGN)ネフローゼ症候群(Nephrotic syndrome)多発性嚢胞腎(Polycystic kidney disease)

症例数が少なく、原因が不明で、治療法が確立されていない疾患で、長期間生活に支障を及ぼすものについて、研究班を設置し、原因の究明・治療法の確立に取り組む、厚生労働省の事業。

詳細を見る

RemIT-JAV-RPGN二次研究募集のご案内

RemIT-JAV-RPGN研究では、ご協力いただいております施設の先生方を対象として、データや検体を用いた二次研究を募集しております。現在までに応募いただいております二次研究を掲示させていただいておりますのでご参照ください。→こちらをご覧ください。

応募をご希望される場合は、下記までお問い合わせいただきますようよろしくお願いいたします。

 

<RemIT-JAV-RPGN事務局>

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学

700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

 佐田憲映

sadakenn(アットマーク)okayama-u.ac.jp

小児慢性腎臓病患者における移行医療についての提言
-思春期・若年成人に適切な医療を提供するために-
Mindsに公開されました。2016/08/9

IgA nephropathyIgA腎症
Evidence-based clinical practice guidelines for IgA nephropathy 2014
http://minds.jcqhc.or.jp/n/english/english_dtl.php?p_gl_id=G0000838

Rapidly progressive glomerulonephritis急速進行性腎炎症候群
Evidence-based clinical practice guidelines for rapidly progressive
glomerulonephritis 2014
http://minds.jcqhc.or.jp/n/english/english_dtl.php?p_gl_id=G0000839

 

Nephrotic syndromeネフローゼ症候群
Evidence-based clinical practice guidelines for nephrotic syndrome 2014
http://minds.jcqhc.or.jp/n/english/english_dtl.php?p_gl_id=G0000842

Polycystic kidney disease多発性嚢胞腎
Evidence-based clinical practice guidelines for polycystic kidney disease
2014
http://minds.jcqhc.or.jp/n/english/english_dtl.php?p_gl_id=G0000841


■IgA 腎症
 Evidence-Based Clinical Practice Guidelines for IgA Nephropathy 2014
■急速進行性糸球体腎炎
 Evidence-Based Clinical Practice Guidelines for Rapidly Progressive Glomerulonephritis 2014
→こちらをご覧下さい(PDFファイル)

■難治性ネフローゼ症候群
 Evidence-Based Clinical Practice Guidelines for Nephrotic Syndrome 2014
→こちらをご覧下さい(PDFファイル)

■多発性嚢胞腎
 Evidence-Based Clinical Practice Guidelines for Polycystic Kidney Disease 2014
→こちらをご覧下さい(PDFファイル)

このページのTOPへ