厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業

難治性腎障害に関する調査研究

治療法が確立されていない疾患の
原因の究明と治療法の確立に取り組む

症例数が少なく、原因が不明で、治療法が確立されていない疾患で、
長期間生活に支障を及ぼすものについて、研究班を設置し、
原因の究明・治療法の確立に取り組む、厚生労働省の事業です。

研究班のご紹介

研究班班長のご挨拶 研究班のご紹介 研究班の業績 研究分担者および研究協力者一覧

患者様へ

患者様へお知らせ

病気について


クリックすると病名についての詳細や主な自覚症状についてご確認できます。

IgA腎症

IgA nephropathy
IgA腎症とは

慢性腎炎、特に慢性糸球体腎炎の一種です。腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAという蛋白が沈着する病気で多くは慢性の経過をたどります。

主な症状
  • 初期段階では無症状
  • 健診の検尿での尿潜血、尿たんぱく陽性として偶然に発見される。
  • 風邪など上気道感染をきっかけに肉眼的血尿(コーラのような褐色の尿)を呈する場合がある(全例ではありません)。
  • 正常腎機能でも高血圧を合併することがある。
急速進行性糸球体腎炎

Rapidly progressive glomerulonephritis
急速進行性糸球体腎炎とは

糸球体腎炎のうち最も重症な腎炎の一つです。数週から数ヶ月の短い期間で急速に腎機能が低下し、血尿(多くは顕微鏡的血尿、肉眼的血尿も見られる)、蛋白尿、赤血球円柱、顆粒円柱などの腎炎性尿所見を認めます。

主な症状
  • 血尿、蛋白尿、尿量の低下
  • 関節痛、筋肉痛
  • むくみ
  • 高血圧
  • 腎臓以外の臓器での血管炎に伴う症状
  • 肺:血痰、呼吸困難、眼:視力低下、鼻:鼻づまり、皮膚:皮疹、脳・神経:手先のしびれ感、麻痺
ネフローゼ症候群

Nephrotic syndrome
    ネフローゼ症候群とは

    尿から大量のたんぱく質が漏れてしまう病気です。からだの蛋白質は減ってしまいます。ひどくなると、胸や腹に水がたまって息苦しくなります。さらに進行すると、尿が出なくなったり、腎臓の働きが悪くなったりします。

    主な症状
    • むくみ
    • たんぱく尿がある。 尿タンパク:4+/尿潜血:陰性
    • 尿がビールのように泡立っている。
多発性嚢胞腎

Polycystic Kidney Disease
    多発性嚢胞腎とは

    腎臓に嚢胞(のうほう)という水の入った「袋」がたくさんできています。嚢胞は両方の腎臓にできて年齢とともに大きくなり数も増えます。すると老廃物を排泄する働きが徐々に落ちていきます。

    主な症状
    • 初期段階では無症状
    • 高血圧
    • 超音波検査で両側の腎臓に多数の嚢胞が認められる
    • 老廃物の排泄の働きが徐々に落ちてき、70歳まで半数の方が人工透析が必要になると言われている。
    • 約10%の患者に脳動脈瘤を合併すると言われており、それが大きくなるとくも膜下出血を起こしてしまう。
患者様向けQ&A

医療従事者様へ

活動予定・報告 診断の治療指針 臨床研究

お知らせ

  • ■2017.10.3■ 会議開催のご案内
    2017.10.28 PKD-WG合同分科会 場所:パシフィコ横浜
    2017.11.24 全体会議  場所:フクラシア八重洲東京
    2017.11.24 移行-WG分科会 場所:フクラシア八重洲東京
    2017.11.26 ネフローゼWG分科会 場所:ステーションコンファレンス東京
                            
    >会議予定・報告はここをクリック                         
  • ■2017.10.2■
    2017.9.30 イオンシネマ新潟南店にて市民公開セミナーを実施しました
    テーマ:健康な生活を送るために~腎臓ってすごい~
  • ■2017.08.24■
    ウェブサイトをリニューアルしました
トップへ戻る